カテゴリー:居酒屋あるあるネタ

酔っ払いに絡まれた……

Posted by GRwor7uK on 10月 20, 2018
居酒屋あるあるネタ / 酔っ払いに絡まれた…… はコメントを受け付けていません。

酔っている相手はどうにもならない

居酒屋でバイトをする際に基本的な業務は料理を出すと言ってもレストランに比べて難しい物ではありません。
単純作業の繰り返しになります。
なかなか単純作業を繰り返して行くのは大変な部分もありますが、慣れてしまえば誰もがそれをこなせるようになるはずです。

しかしながら、接客の方はそうはいきません。
居酒屋のお客さんは基本的にみんな酔っぱらっていますので、羽目を外しがちです。
そのようなお客さんに対して店員が怒りを爆発させてしまったら大きな問題になります。
もちろん理不尽なことを言うお客さんが100%悪いのですがあくまでもお客ですので上手な対応が求められます。

トラブルが大きくなってしまうと居酒屋としても困ってしまうので、トラブルが大きくならないように常に考えて行動することが求められます。
それをすることでかなりの労力が必要になると考えるようにすると良いでしょう。
また自分では解決できないと思ったらすぐに他のスタッフにヘルプを出すようにしましょう。

お酒を飲んでいる時には冷静な判断力がなくなっていますので、それを踏まえた上での接客が求められます。
NOと言われると多くの場合において逆上することが多いのでYESと言いながら適当にかわすようにすると良いでしょう。
楽しく飲んでもらってまた来てもらうということにした方がお店にとってもいいので損点については機転が必要になります。

スタッフの対応によってお客さんに楽しんでもらえるようになる場合も考えられますし、そうでない場合も考えられるようになります。
頭をスッキリさせて仕事に臨むようにするとトラブルを回避しやすくなります。

機械的な仕事をする

居酒屋でバイトをする際にはもちろんお客様へのサービスをすることは必要ですが、それはあくまでも業務内の事に限られます。
例えば、電話番号やメールアドレスをお客様に教えることは必要なことではありません。

お客様の中にはそのようなことをしてくる場合も出て来ます。
しかしながら、そのような場合には話題を上手に変えてしまってさらりとかわすようにすると良いでしょう。
酔っている方は基本的にすぐ忘れてくれることも多いので、それに対して説教がましいことを言うよりも話題を変えてしまうようにすると良いでしょう。

また、絡まれてしまいそうになったら、その場合もお客と口論にならないように気を付けながら他の仕事がありますのでという感じでその場を離れるようにすると良いでしょう。
要はお客との距離を離してしまえば基本的にトラブルを回避することが可能になります。
そのコツをマスターしておくと円滑に居酒屋の仕事をしていくことが可能になるはずです。