カテゴリー:居酒屋はつらいよ!

4月歓迎会の忙しさ

Posted by GRwor7uK on 7月 18, 2016
居酒屋はつらいよ! / 4月歓迎会の忙しさ はコメントを受け付けていません。

季節ごとに訪れる書き入れ時

飲食業界での書き入れ時というとはやはり「師走」です。
年末年始は居酒屋にとっては一年に一度の商戦といってもいいでしょう。

1月半ばを過ぎると、新年会も落ち着き、2月から3月半ばまでは盛り上がりはガクンと下がります。
商売人にとっては「ニッパチは厳しい季節」とも言われているように、2月と8月は書き入れ時とは逆に客足が遠のき、厳しい状況が続きます。

店長にしたら、売上に悩まされるでしょうが、従業員には、休息期間として密かにありがたい時期でもあるんです。
師走を除けば3月末から4月にかけては学校や職場の入れ替わり時期で、こちらも書き入れ時とも言えますね。

歓迎会で予約がいっぱい!

歓迎会シーズンは貸切の宴会2回転以上を目標にするため、時間配分は綿密に行わなければなりません。
ここを失敗すると、売上に大きく影響してしまいます。

予約の電話対応には店での接客に比べて、緊張感がはしりますね。
なるべく電話は取りたくないというのが本音です。

翌日が月曜ということや休日にまで会社の人間との交流は控えたいという心境なのか、意外と日曜は歓迎会予約はほとんどなく、店内は一般客が多くなりますね。
土曜に関しては半日出勤や休日を有効に使う企業もあり、15時スタートの宴会もかなりの確率で予約は埋まり、回転率はアップします。
長時間勤務の従業員が増えるので、シフトや休憩時間の組み方が重要なポイントになりますね。

キッチンもバタバタ

従業員は通常は仕込みのため15時出勤ですが、書き入れ時はもちろん早出必須な時期到来です。
コースプランの予約でほとんどが埋まるため、事前の仕込みとセッティングが命取りになります。

予約人数、コースの内容の誤算や発注ミスがあったら料理長が現場をしめない限りはパニック状態に陥ります。
こんな時は調理場からホールにパニック状態が感染しないように、従業員が落ち着いた行動ができるかという人格が、円滑に営業できるかというのに大きく左右されますね。

コース予約のほかに、イレギュラーな単品追加が入るとさらにキッチンのバタバタはマックスです!
ホール側も調理場の顔色を伺うようにオーダーを通すのがツライところでもありますよ。

会社によっては毎月歓送迎会が行われることも

会社の社風や規定でも変わりますが、会社の経費ではなく、自動引落しで毎月職員互助会費などという名で徴収され、会費を賄い、毎月のように歓送迎会を行う会社もあるようです。
社内のコミニュケーションといえば大切な会費なのかもしれないけれど、半ば強制的集収ともとれますよね。
居酒屋側にしたら毎月リピートしてくれるのなら大枠な常連法人客の扱いになるのでありがたいかぎりですが。

お金の出どころはどうあれ、会社が提供してくれた場には、変わりありません。
同じ「お酒の席」でしたら、大いに楽しみましょう。