カテゴリー:アルバイトの心得

ヒマな時の過ごし方

Posted by GRwor7uK on 5月 20, 2015
アルバイトの心得 / ヒマな時の過ごし方 はコメントを受け付けていません。

居酒屋は忙しい時と暇な時がある

居酒屋といえばとても忙しいイメージを持たれることが多いのですが、実際は暇な時間もあります。
どの時間帯が暇なのかはあまり決まっていなくて、いつもはお客様がたくさん訪れるような時間であっても暇になる時もあります。
店長にとっては暇な時があるというのはお店の売り上げにもひびくため好ましくないでしょうが、アルバイトにとってはちょっと一息できる時間でもあります。

ただし、暇な時でも何もしないというわけではありません。
たとえば、箸を補充したり、洗い物を片付けることが多いです。
トイレの掃除をしたり、フロアの清掃をすることで、キレイな状態でお客様を迎えるように努力しています。

暇な時ほど真価を問われる

お店が暇になった時の過ごし方はとても大事です。
この時間を何もせずボケっと過ごしていたのではアルバイトとして一人前にはなれないでしょう。
何かやるべきことはないのか自分から行動することによって、店長からも評価されるようになります。

まず、仕事上のことで疑問点や不満があるならば、暇な時間を利用して店長に話してみましょう。
有給を取得したい、シフトを変えて欲しいなどの頼みもこのタイミングで行うのをオススメします。
忙しい時にはそのような暇がありませんし、お店が閉店した後も色々とやることがあるからです。

また、暇な時にはお客様を呼びこむこともあります。
チラシを配ったり、大きな声でお店のアピールをするのです。
この呼び込みによってお客様がどんどん入ってくることもあります。

バイト仲間同士でどちらがより多くのお客様を呼びこむことができるのか競い合うこともあります。
これはけっこう面白くて、絶対に自分の方がたくさんのお客様に来てもらうことができると、対抗意識を燃やしてしまいます。
お店の売り上げにもつながるため、健全な楽しみ方だと思います。

また、その居酒屋でアルバイトをしてまだ間もない場合は、メニューを見てその内容を必死に覚えたりもします。
分からないことがあれば、暇な時間帯を利用して質問をすることもあります。
いつ忙しくなるのか分からないため、やるべきことは暇な時にすぐに行うようにしましょう。

暇な時にでも緊張感を切らさないことが大切です。
お客様がどのタイミングで来店するのか分からないからです。
また、あらかじめ予約をしている団体があるならば、その時間になればとても忙しくなるため、ある程度覚悟を決めておく必要もあります。

暇な時にだらけてしまっては、忙しくなった時にすぐに対応することができなくなります。
常に緊張感を持って行動して、暇な時にもそれを持続することが大切だと思います。
これによって、お客様に最高のサービスを提供できるのです。