仲間ができた!

Posted by GRwor7uK on 11月 22, 2012
居酒屋は楽しい!

仲間との連帯感

N934_akusyusuruhutaribiz500-thumb-500xauto-1895

俺がここまで長く居酒屋でバイトをすることが
できたのは、他にも理由があります。
それは仲間の存在です。

職場の人間関係でもっとも大切なのは、
この仲間の存在なのではないかと思います。
それはどの職場でも同じでしょう。

会社員であっても、同じように一緒に働いている人たち、
毎日顔を合わせている仲間たちとの関係が良くなかったら、
そこでずっと働こうという気にはならないでしょう。

しかし、俺の場合は仲間に恵まれました。みんなそれぞれが
違うタイプの仲間たちでした。目指している方向性が違ったり、
夢や希望が違ったりするところもありました。

たとえば、具体的にミュージシャンや女優になりたいという夢を
持ちながら、生活のために居酒屋でバイトをしているという人も
たくさんいましたし、俺のように特に何も他にやることがなくて、
居酒屋でずっとバイト人生を送っているという人もいます。

そのようにまったく向いている方向は違っていたとしても、
一緒に働いていることで連帯感が生まれるのです。こういう感覚は
なかなか他では味わうことができないでしょう。

居酒屋というのは、個人プレーでは何もできません。
横の連携がとても大切なのです。みんなで力を合わせて、
仕事を進めて行かなくてはなりません。

そういう意識がみんなの気持ちをひとつにするのだと思います。
そういうことができるからこそ、みんなで一致団結して、てきぱきと
接客ができるのです。

協力し合って働く仲間

居酒屋というのは、閉じられた空間です。
そこにいる仲間たちと協力し合わなければ良い仕事をすることが
できません。だからこそ仲間というのが大切なのです。

時にはいろいろと大変な状況に陥ることがあります。
シフトが合わなくて人数が少ない中で、大勢のお客様に
接しなくてはならないということも多々あります。

冬の寒い時期ですと、体調を崩して休む従業員もいます。
そういう時にそれぞれが協力しあって、そういうバイトの子の分も
働く必要が出てくるのです。そこでまた新しく強い絆が生まれる
こともあるでしょう。

そして、そういう仲間がいてくれて本当に良かったなと
俺はいつも周りに仲間に感謝しています。

今ではバイトリーダーという立場でみんなの面倒を見たり、
シフトを組んだりする仕事を中心にやっていますが、そんな立場に
なっても、仲間は仲間です。

ベテランの俺に慕ってくれる子たちも多いし、何かと相談に乗ることもあります。
そういう時に、俺はみんなのことを大切にしようと思い、それがずっと今の仕事を
続けることができる要因にもなっています。

Comments are closed.