「ありがとう」は元気のもと!

Posted by GRwor7uK on 11月 22, 2012
居酒屋は楽しい!

モチベーションが上がるとき

PAK82_gannbattekudasai1039500-thumb-500xauto-4071

居酒屋で俺が長いこと働くことができたのは、
モチベーションがずっと維持されたからでも
あります。これがもし、働く意欲がなかったら、
ここまで長くは続かなかったでしょう。

もちろん、これは居酒屋という職場だけには
限りません。どんな仕事であっても大切なこと
です。

モチベーションを保つことができなかったら、
どんな職場でも、なかなかずっと働くことはできないはずです。

居酒屋でモチベーションを高める一番の効果的なことというのは、
お客様からの「ありがとう」という言葉です。

お客様から「美味しかったよ」と褒めていただいたり、
「がんばってね」と言っていただいたりするだけで、
何だかやっていた良かったなと思えます。

そして次もまたお客様にそう言ってもらえるようにがんばろう
という気持ちになるのです。それがモチベーションアップにもつながります。

接客のポイント

俺はそういうお客様の言葉を楽しみにしながら笑顔でがんばっていました。
そのことで、お客様の立場に立って物事を考えることができるようになったのです。

今お客様は自分にどんなことを求めているのか、どういう風にお客様に
接すれば良いのかということを考えて行動するようにしました。

そのためにはまず、自分を客観的に見ると言うことが大切です。
今自分はお客様からどんな風にして見られているのか、どう言うところが
だめだと思われているのかということもちゃんと見極める必要があります。

そのようなことができれば、よりお客様から声をかけてもらえるようになり、
それがモチベーションのアップにもつながるでしょう。

大事なのは雰囲気作り

俺は、基本的に接客はとても好きでした。
自分の方からどんどんお客様に声をかけるようにしていました。
そういう態度もまたお客様から受け入れられやすい雰囲気を
作っていたのかもしれません。

人見知りだったり、何となく苦手意識を持ってお客様と接していたりしたら、
そこまでお客様に声をかけてもらうということはなかったでしょう。

やはり、雰囲気作りというのは大切なんだなとお客様と実際に接していて
常に思っていたことです。お客様が電話で予約をしてくださる時から、
接客というのは始まります。

そして、入店されて退店されるまで、お客様のことを考えて行動する。
そういうことができたからこそ、「がんばってね」という声をもらえましたし、
それがモチベーションアップにもつながったと言えます。

Comments are closed.