酔っ払いトラブル

Posted by GRwor7uK on 11月 22, 2012
居酒屋はつらいよ!

性格が急変する人

OZP68_nekutaiatamanimaiteyotteru500-thumb-500xauto-3312
居酒屋で働いていて、ちょっと大変だなと
思うこともたくさんあります。

まず、接客業ですので、お客様の応対が
そのときによって変わってくるということです。

仮にも同じようなお客様ばかりがいらっしゃれば
良いのですが、そういうわけにもいきません。
いろいろなタイプのお客様がいらっしゃいます。

特に居酒屋というお店の性質上、酔っ払ったお客様が多いのがまた問題でもあります。
酔っ払っていなかったら、すごくまともな人なのに、お酒が入ると、とたんに性格が変わる
という人もたくさん見てきました。

電話で予約をしてきた時とか、入店した時はとても紳士的だった人が、
だんだんお酒が回るにつれて、声が大きくなってきて、しまいには、スタッフに対しても
横暴な口をきく人もいます。そういう人は悪気はないのです。しかし、悪気はないだけに、
余計に始末が悪い。

もちろん、周りの人たちはもうその人のそういう酒癖が悪いことは
わかっているらしくて、私たちにも謝ってくれるのですが、それでも、
やはり度を超すとそのことで気分を悪くしてしまうスタッフもいます。

自信をなくしたスタッフへの気配り

俺ぐらいのベテランになると、さんざん修羅場をくぐってきているので、
ちょっとやそっとのことで頭に来るということはありません。

これはひょっとしたら働く側の性格的な問題もあるかもしれませんが、
細かいことを気にしてばかりいると、なかなか次に進むことができなくなるようです。

また同じ失敗をしてしまうんじゃないかって遠慮してしまったり、
怒られたことをいつまでもひきずったりして、なかなかいつも通りの仕事が
できなくなるスタッフもいます。

比較的おおらかな性格の人だと、すっぱりと嫌なことは忘れて気分を
入れ替えることができるのですが、細かいことをいちいち気にするような
タイプの人はそういうわけにはいかないようです。

そういう場合は俺はその子を別のところに担当替えをして、何とか気分を
変えさせるようにしています。そういう風にスタッフのこともきちんと気配りを
してあげなくてはならないのは、ちょっと大変だなと思うところです。

もちろん、こういうことは俺が長年居酒屋で働いてきて、自分なりに考えて
蓄積してきたノウハウでもあるのですが、居酒屋で働くようになると、そういう人の
動きにも気を配る必要が出てきます。それが連帯感を生み出すことになるのです。

どんな立場の人でも、そういうことを考えて、お客様とだけではなく、
仲間とのコミュニケーションもしっかりと取れるようにしておいた方が良いでしょう。

Comments are closed.