最短距離の動き

Posted by GRwor7uK on 11月 22, 2012
アルバイトの心得

居酒屋バイトで求められるもの

CKL_kaunta-ninarandaosake500-thumb-500xauto-1289
居酒屋で求められるのは、スピードでもあります。
スタッフが少ない時や、お客様が多くなる忘年会シーズン等は
スピーディーに料理や飲み物を運ばなくてはなりません。

そんな時にいかに動きを少なくしながら、
すぐに注文品を運ぶことができるかが鍵となるのです。
そういうことを臨機応変にできる力というのも
スタッフには必要です。

その場その場で状況は刻々と変化していきます。
それにどうやって対応していけば良いのかをきちんと
考えることができれば、お客様をお待たせすることも
ありませんし、スタッフ同士も気持ち良く仕事ができます。

新人のやりがちなミスとは

俺もそうでしたが、居酒屋で働き始めた時は、なかなかそういうわけにはいきません。
特に広い店内だと、どのお客様がどこにいるのか、注文をどこに運んだらよいのか
わからなくなることもたくさんあります。

働いている居酒屋は各テーブルや個室は、
A~Hのアルファベットと、数字によって区切られています。

それと注文された伝票の番号を合わせて運ぶようになっています。
誰にでもすぐにわかりやすいように配列されているはずなので、
覚えればそんなに大変なことはないはずなのですが、初めての場所だと、
なかなかそういうわけにはいかないでしょう。

特に気持ちが急いている時や、お客様から早く早くとせかされている時などは、
慌ててしまって冷静に考えることができなくなり、きちんと注文品を正しいところに
運ぶことができなくなるということもたくさんあります。

これは慣れということもあるので、そんな時は俺はその新人スタッフを
責めることはしません。それをスタッフ同士で補うことが大切だと思っています。

きちんとそういうことを指示したり、教えてあげたりするような人がいれば、
新人であっても、気持ち良く仕事をすることができますし、だんだんとそういう中で
覚えていくことができるでしょう。

バイトリーダーの役割

職場作りというのも、俺のようなバイトリーダーの役目だと思っています。
スタッフ同士がぎすぎすしていたり、忙しさに追われて心に余裕がなかったりすると、
お店全体の雰囲気もまた変わってきてしまいます。

ですから、そういうことのないように、スタッフ同士の連携もきちんと
チェックしておくようにしています。風通しの職場というのが俺のモットーです。

みんなが楽しく笑顔で働くことができれば、そういう雰囲気はお客様にも伝わり、
またあの楽しい居酒屋にいこうという気持ちになるのです。居酒屋というのは、
もちろん飲食店なので、お酒や食事がおいしくなくてはいけません。

しかし、それだけではなく、全体の雰囲気もとても大切なのです。
そしてそういう雰囲気を使うのは、何を隠そう、スタッフである俺たちなのだと思います。

Comments are closed.