マルシェ

Posted by GRwor7uK on 11月 25, 2015
居酒屋チェーン

妹がマルシェで働いた話

接客業なので、お客様とのふれあいはとても楽しく、仕事に満足いっている従業員は多いと妹はいつも話していました。
仕事していく上では、本社や社員からの教育や、厳しさはもちろんありますが転職する際に強みの糧になっていましたよ。

飲食業の中でも福利厚生はダントツの上位にも上がっていますが、その内容は驚きで、なんとディズニーランドやユニバーサルスタジオのチケットをもらえたりもしていたようです。
食べ物を扱う店で働いていても、満足に食事休憩や食事補助のない企業にはいってしまうと、不健康に陥り、体調を崩してしまうこともありますが、マルシェでは補助制度の一つでもある賄いも1日に二回あり、金欠気味の学生バイトにもありがたく、長時間勤務のフリーターや社員も健康面でも安心して勤務ができたようです。

マルシェ系列のお店はどんな雰囲気か

代表的な「炭火焼 八剣伝」はアットホームで落ち着いた雰囲気が人気です。
20~30代、ファミリー層に対応していて、カウンターを中心にテーブル席は掘りごたつでゆっくりとくつろげる雰囲気です。

新しいスタイルの店舗では、スペインの大衆酒場、バルをイメージした「バルビダスタイル」は会社帰りにフラッと立ち寄れる気軽さがあります。
居心地の良さは店内の雰囲気に加えて従業員の気さくな接客と、つい頼みたくなる欧風料理のバリエーション、世界中から取り寄せたビールやワインの豊富さに魅力があるように思います。

居酒屋などのお酒を楽しむ店のイメージが強いのですが、「楽待庵」のような本格的な日本料理店もあります。
大阪城を臨む立地からは大阪の夜景が一望できる大人向けのロケーションです。
懐石料理を記念日や接待に使うのもよし。
最大60名までの宴会にも利用が可能なので歓送迎会で上司からのポイントアップにもオススメの店ですよ。

働く場所としてもオススメ

どの部署に置いても企画提案は通りやすく、法人や個人企業との直接的なやりとりは、サラリーマンと比べたらやりがいの感じられる職場です。
各店舗に店長と料理長が配属しているので、容量が多すぎて時間に追われるばかりの業務もなく、各持ち場の責務に集中できるのでモチベーションもキープしていくことができます。
会社独自のメニューに加え、地域に合わせたメニューやコースの提案、割引きセールやイベントなどの提案も本社に通りやすく、実現に向かいやすいので、地方での店舗勤務の従業員なんかは地域の特性も活かしやすく、特におもしろみある職場ともいえます。

しかし各店舗には大抵が社員1~2名とアルバイトという体制なので、シフトの穴埋めや休日出勤、長時間勤務で体に負担がかかることも多いのが現状です。
従業員にはレベルアップを図る教育研修制度があり、習熟レベルに合わせた7つにわかれていているので、段階を踏んで成長することは社会人として強みの一つですね。

マルシェ系列の人気メニュー

イベント性もあるマルシェでは、行かなくても沖縄気分の味わえる「沖縄フェア」が開催されました。
アーティストを呼んで三線と沖縄民謡のライブも合わせて楽しめたようで、料理だけに尽きないイベント性の魅力も持ち合わせています。
他には「一本釣り藁焼かつお祭」や、「対馬の恵みフェア」など日本の美味しい旬のメニューが楽しめるメニューはやはり一押しです。

シンプルな炭火焼の八剣伝や酔虎伝では、素材そのものの美味しさを感じるメニューが人気で、良質の食材が見つかったらすぐに商品化し、提供するスタイルが、人気に繋がる秘訣のようです。
ドリンクメニューにも手を抜かず、「焼酎ボトルキープ祭」を行ったりや、世界中の酒が楽しめるドリンクメニューに引きつけられて通うリピーター客も多いです。

Comments are closed.