テラケン

Posted by GRwor7uK on 3月 19, 2016
居酒屋チェーン

さくら水産でランチ

居酒屋ですが、昼も営業していたので週末、妹と一緒にさくら水産でランチをしてきました。
セルフですが、500円のワンコインランチは毎日の食事には嬉しいですね。

満足だったのは安さだけでなく板海苔、生卵、お新香は食べ放題で、ごはんとお味噌汁はおかわりも自由になっているという、なんとも嬉しいサービスがあるんです。
メインも日替わりで、働く男性が好むような肉や魚料理などの和食中心の内容と、納得のボリュームなのがオススメのポイントです。

献立は毎日日替わりな上に2種類から選択できます。
一人暮らしで食事のバランスが崩れやすい人にとってもありがたく、毎日通っても飽きないのでリピーターは多いですね。
ホームページで1週間の献立表が確認できるから昼休み前に思わずチェックしちゃいます。

偶然友人が働いていた

以前、表看板の安さに釣られて店の中に入ると、偶然友人が働いていました。
ビシッとした和食料理人のような制服の下にワイシャツをのぞかせ、社会人という出で立ちに驚いたものです。
プライベートで接するときとは違い、活気溢れた声のハリやいきいきとした表情でてきぱきと動く様は、友人に後に聞くと会社そのものがフレンドリーな雰囲気があるからだと話していました。

環境に恵まれていることから、人を育てることに面白みを見出し、いずれは本社勤務での教育担当をやっていきたいと言って前向きに頑張っていましたよ。
友人の話を聞いていると、なんだか羨ましくなるような会社です。

働きやすさについて

店舗ごとに従業員の仲の良さとそれぞれの個性がその店舗の雰囲気を作り出していて、居心地がいい働きやすさがあります。
アットホームとも言いますか、お客様に寄り添ったような気さくで丁寧な接客は、常連客と仕事を超えるような人と人の繋がりができることもあります。

各店舗の店長は従業員との会話やコミニュケーションを大事にしているから、従業員は店に対しての参加意識も高まり、モチベーションが上がりやすい環境です。
女性が社員として多く活躍しているのも環境が整っていると捉えることができますね。

他のお店も行ってみたい

カウンターの中はまるで舞台を見ているかのように従業員同士のやり取りが面白いし、店舗ごとに従業員のノリやもてなし感なんかもかわってくるかもしれません。
そうなると、たまには行く店舗を変えて楽しみたいと思います。

メニューに関してはさほど変わらないけれど、大衆居酒屋のようにラフな店舗や、モダンに整った内装の店舗など、雰囲気の違いがあるらしいですよ。
サラリーマンばかりの店舗というものや、女性客や家族連れもそこそこいて入りやすい店舗とか、通う人の層によってもきっと雰囲気は変わってくるんでしょうね。

Comments are closed.