塚田農場

Posted by GRwor7uK on 8月 22, 2016
居酒屋チェーン

塚田農場がおいしいわけ

塚田農場は何を食べても納得のおいしさを評判の居酒屋さんです。
なぜ居酒屋でこのクオリティがだせるのか、というと、自社養鶏場で大切に育ててきた地頭鶏を利用していること、また質の高い食材を納得がいくまで探し、独自のやり方を追求しおいしい食材を作り続ける農家さんの食材を利用しているからです。

主要素材じゃないからこれでいい、という妥協がないから、何を食べてもおいしいと感じるのです。
宮崎、鹿児島、北海道に自社養鶏場を持ち、現地社員が大切に育てた地鶏、そしてこだわりの農家さんが丹精込めて作った食材、その素材を引き出すノウハウを持っているからこそ、塚田農場のメニューはおいしいのです。
「最後の一口までおいしく食べてもらう」そのための努力は絶対に怠りたくない、というポリシーを持った居酒屋さんです。

地域の郷土料理、地域のお酒を提供

宮崎県日南市の塚田農場ではやっぱり炭火焼のうまさを堪能できる最高の「じとっこ炭火焼」を食べましょう。
ごうごうと炭火が立つ中、豪快に焼かれた地鶏は炭火の味がさらに地鶏の味をぎゅっと凝縮しています。
地鶏は臭みもなく、いくら食べても飽きない味です。

ささみの梅和えやじとっこネギまみ日向夏(宮崎の柑橘)ポン酢も新鮮だからこそいただける一品です。

鹿児島県霧島市の塚田農場ならやっぱり黒豚と黒さつま鶏、そしておいしい焼酎です。
肉離れのいい手羽唐は骨付きだけど身が簡単に取れます。
女性も品よくいただけるメニューです。

黒さつま鶏の胸肉をたたきにした黒さつま むねたたき ネギまみれは徳之島名産の島みかんでさわやかな酸味が特徴です。
焼酎によく合うささみとアボカドのわさび醤油も最高です。

北海道シントク町の塚田農場は北海道の海、山の幸、それにチーズやコーンなど北海道名産の特産品と新得地鶏を味わえます。
新得地鶏を利用した真っ白な白わさびがつんと鼻をぬけ、涙がぽろぽろ出るほど辛い!でも癖になる味の新得地鶏生わさび涙焼、これはぜひこのお店でお酒の「あて」にしてほしい一品です。
辛い、でも癖になる大人の味です。

鹿児島薩摩のお酒は薩摩焼酎、純黒、薩摩乃薫、そして定番のさつまハイボールもあります。
宮崎日南の塚田農場では平兵衛酢はちみつハイボール、日南みかんハイボールなど、ご当地の素材を生かしたドリンクが人気です。
北海道十勝は生ビールのそばほろ、ぱんぱか、道産焼酎のインカの目覚め(じゃがいも)三石こんぶ焼酎など珍しいお酒がそろっています。

塚田農場でアルバイトしたい!

塚田農場でアルバイトをしている方はいつも、どうしてそんなに楽しそうなのか?と質問を受けるそうです。
もちろんお仕事ですから、叱られることもありますし、うまくいかないこともあります。
でも一度やめたアルバイターがまた帰ってくる、そういうアルバイト先です。

なぜなのか?それは、塚田農場が本当の意味での接客を指導してくれるからです。
本当にお客様のためになにができるのか、それを考えることができるあたたかく、厳しく、志の高いお店です。

アルバイトに募集するためには、WEB応募、もしくは採用センターに電話で連絡します。
応募してから面接日時と場所が決まると、塚田農場から連絡が来ます。
定期的に合同面接会も行っているので、ここに参加してもいいでしょう。

最も特徴的なのは履歴書がいらないという点です。
履歴書も証明写真もいらず、面接を行ってアンケート用紙に記入、そこで人柄や条件などを確認してくれます。
採用決定となると契約書などの必要書類が送られてきます。
必要事項を記入し提出すれば研修、勤務の開始です。

Comments are closed.