メニューが覚えられない

Posted by GRwor7uK on 11月 21, 2018
居酒屋あるあるネタ

メニューを覚える方法

居酒屋のバイトをしている場合に困ってしまうのがメニューを覚えられないということです。
簡単に多くのメニューを覚えることができないのは誰にも当てはまることではありますが、それなりの工夫をすれば多くのメニューで合っても覚えることが可能になります。
覚えることができないときはどのようにするのが一番いいのでしょうか?

人間の脳は忘れるようにできていますので忘れることを恐れてはいけません。
忘れたとしても何かを覚えたという痕跡は残っていますので、繰り返しメニューを覚えるようにしていくと忘れないようになります。
いわゆる短期記憶の状態ですとメニューを覚えようとしても忘れてしまいますので、一生の記憶である長期記憶の状態にすることができればメニューを忘れることが無くなります。

短期記憶を長期記憶に変化させるには繰り返し覚えるしかありませんので、忘れることを気にすることなく何度も覚えることに挑戦してみると良いでしょう。
それを行っていると知らないうちにメニューが頭に入っていることになるでしょう。
自分は覚えられないという先入観は記憶の妨げになりますので、常にプラス思考で覚えるようにすると良いでしょう。

語呂合わせを利用する

歴史の時間に年号を語呂合わせて覚えることをしたことがある人は多くいるのではないでしょうか?
居酒屋のメニューも語呂合わせて覚えてしまえば覚えやすくなるかもしれません。
他にもメニューの分類ごとに覚えてしまうという方法も覚えやすくなるかもしれません。

お酒だけ覚えてしまう。
おつまみだけ覚えてします。
ご飯ものだけ覚えてしまう。
という方法ですと、覚えやすくなるかもしれません。
脳に負担を掛けないようにすると覚えやすくなりますので、自分なりに工夫してみると良いでしょう。

メモを持ち歩く

居酒屋のメニューをどうしても覚えられないという時には自分なりのメモを常に持ち歩いてみてはどうでしょうか?
メニューを簡略にまとめたものを持ち歩けばメニューを完全に覚えなくても済みますので記憶する負担を大幅に減らすことが可能になります。

体調管理

ストレスが溜まっている状態ですと人間の脳の記憶力は大幅に下がってしまいますのでストレスをためることはやめたほうが良いでしょう。
適当にストレスを解消しておけば、記憶力は大幅にアップすることになるはずです。

また、寝不足の状態でも同様に記憶力が下がってしまいますので注意が必要です。
コーヒーやチョコレートの類は記憶力をアップする効果が期待できますので、それらをいただきながら、メニューを暗記してみてもいいでしょう。
楽しみながらメニューを暗記することを考えると比較的スムーズにメニューを暗記できるはずです。

Comments are closed.