同じ大学の人が居酒屋に来たとき気まずかった

Posted by GRwor7uK on 1月 23, 2019
居酒屋あるあるネタ

仕事の場ではビジネスライクな対応を

居酒屋でバイトをしている時に知り合いがやってきたとします。
顔見知りの方がお客ですと仕事もやりやすくなりますが、逆に知り合いだからということで色々なサービスを要求されることができます。
もちろん可能なサービスであれば自分の裁量でしてあげても良いのですが、お店の利益にとってマイナスである場合にはハッキリと断ることが必要です。

知り合いの方にはもちろん丁寧な対応をしたいと考えることは悪くはありませんが、過剰なサービスはトラブルの原因になってしまいますので注意が必要です。
他のお客さんに知られてしまったら、不公平であるとクレームがつくかもしれません。
いずれにせよ、過度のサービスはできないと断るべきです。

友人関係にマイナスに働くかもしれませんが、それをすることによって自分が受けてしまう社会的な信用の失墜の方が大きくなってしまうからです。
場合によってはそのお店でバイトできなくなってしまうかもしれませんので、注意が必要です。
あくまでもビジネスライクにいくら知り合いであっても接することが必要です。

たとえば、料金を勝手に値引いてあげるようことはトラブルの原因になってしまいますので絶対にしてはいけません。
それを要求する知り合いがいたとしてもそれは要求する方が法的に問題があるのですから断らなくてはなりません。
どうしても断りにくいのであれば、お店の人に相談して対処をしてもらうようにすると良いでしょう。

それに対して知り合いがクレームをつけるようなことがあるのでしたら、その方とは少し距離を置いて付き合うようにすると良いでしょう。
その方と仲良くしていてもプラスに働くことは無いと考えておいた方が良いでしょう。
社会で働くということは信用が一番ですので、自分の社会的な信用をまずは大事にしなくてはなりません。

冷やかしについて

居酒屋で働いている時に友人がそのお店に来て冷やかすような態度をとることも考えられます。
あくまでもあいては友人ではありますが、お客ですから逆上することは避けなくてはなりません。
上手に賢く対応をしていくことが必要です。
なかなか大変な部分もあるでしょうが、また来てもらえるような最良の対応を心がけておくと良いでしょう。

しかしながら、いくらお客とはいえ度が過ぎる場合には自分で全てを抱え込むのではなくて、お店の他のスタッフに助けを求めてみると良いでしょう。
知り合いだからということで冷やかしているのでしたら、スタッフが変わればそれもなくなるはずです。

またあまりもモラルに反するような冷やかしでしたら、それなりの対応も必要になってきますので、それは店長などに助けを求めてみても良いでしょう。

Comments are closed.