カテゴリー:居酒屋は楽しい!

大学生のアルバイトはとにかく元気!

Posted by GRwor7uK on 7月 08, 2019
居酒屋は楽しい! / 大学生のアルバイトはとにかく元気! はコメントを受け付けていません。

大学生のアルバイトと言えば元気なイメージがあります。居酒屋では、積極的に注文を受ける大学生の姿が懐かしい感じがします。

バイトをする理由は学費や生活費を稼ぐ人が多くをしめています。ですがそれだけではないはずです。

そこで、居酒屋でバイトしている大学生にアンケート調査をいってみました。そこで、居酒屋バイトにありがちな疑問を大学生目線でしらべてみました。

休憩室で話している時間も楽しい。

居酒屋と言えばせわしなく店員が動く姿をイメージします。ですが、休憩中は意外に、ゆるい感じなのです。お菓子を食べたり、まかないを食べたりしながら楽しく居酒屋バイトをしている人も少なくないようです。

バイトの目的を聞くと、貯金であったり

居酒屋でバイトと聞くと貯金を目的にしている人も少なくありません。

貯金以外にも、実はコミュニュケーション能力を向上させようとするツワモノもいます。精米空間で、飲み物や食べ物を持ち歩くのは運動のひとつだと考えている人もいます。

家賃を支払うため

居酒屋でバイトする目的で最も多いのは家賃を払うためという人も少なくありません。居酒屋はファーストフード店と比べると実は高級の部類に入ります。ファーストフード店が時給941円、レストランが939円に比べ、居酒屋は時給995円です。

毎日4時間だと日給3,980円、20日稼働すると・・・79,600円にもなります。これなら勉強に支障がない程度に働けますね。

留学したい

少数ではありますが、居酒屋でバイトする理由に留学を目的にしている人もいます。留学を目的とする人の場合、いくつかバイトを掛け持ちをしている場合が少なくないようです。

でも人それぞれ

居酒屋でバイトをしている理由を調査してみました。学生の本文はバイトではなく勉強ですが、バイトをしないと生きていけない人が多数なので、やらないわけにはいけません。


居酒屋バイトを学生がする理由は人それぞれです。生活費の他留学や旅行にいきたい人も、時給の高い居酒屋バイトする傾向がるようです。

新メニューの試食

Posted by GRwor7uK on 4月 23, 2015
居酒屋は楽しい! / 新メニューの試食 はコメントを受け付けていません。

新しいメニューが定期的に出る

居酒屋でアルバイトをしていると楽しいイベントがたくさんあります。
居酒屋はずっと同じようなサービスを続けているわけではありません。
周りにはライバル店が続々と進出してくる状況となっているため、それに対向するための手立てを考える必要があるのです。

新しいサービスを打ち出すために新メニューを開発することもあります。
新しい料理がメニューに掲載されていれば、つい食べてみたくなるという方も多いでしょう。
多くのお客様が新メニューに注目してくれれば、それがお店の看板メニューになって、たくさんのオーダーをもらうことにつながります。

新メニューにお世辞は無用

新メニューが出る時にはいきなりそれをお客様に出すわけではありません。
本当にそれが美味しいものなのか確かめる必要があります。
そこで、アルバイトが新メニューを試食することができるのです。

試食は居酒屋のアルバイトにとってはとても楽しいイベントとなります。
何しろタダでメニューを食べられるというだけでもうれしいことなのです。
しかも、新メニューであり、まだ誰も食べたことのないものを味わえるというのはとてもワクワクする体験となります。

ただし、あくまでも仕事の一つとして試食を行うため、きちんと味を評価する必要があります。
アルバイトの意見も参考にしながら新メニューは作られるからです。
ここでお世辞を言ってしまってもあまり意味はありません。

実際にまずいのに美味しいと言ってしまうと、それがメニューに掲載される可能性があるからです。
味の味覚は人それぞれですが、これは人気が出ないだろうなというのは食べてみると分かるものです。
しかし、自分ではまずいと思っていた新メニューが、意外と人気が出ることもたまにあるため、味覚というのは難しいものだと思います。

新メニューを試食する時には、これからこのメニューをお客様におすすめしなければいけないのだと考えています。
新メニューは目玉となるわけで、それをどんどんアピールする必要があるのです。
オーダーテイクの時にさりげなくお客様に新メニューをおすすめすることもあります。

新メニューは定期的に出されることが多いです。
数ヶ月程度ですぐにメニューからなくなってしまうこともあります。
居酒屋のメニューを考えるのはとても難しいことなんだと実感します。

メニューが増えるということは、それだけ覚えなければいけないことが増えることにもなります。
しかし、試食をして美味しいと感じたものであれば、ぜひとも新メニューとして出してほしいという気持ちになるのです。
これからもたくさんの新メニューを一番早く食べることができると思うと、バイトをするやる気が出てきます。

美味しい新メニューを出してくれることを願っています。

バイトメンバーで飲み

Posted by GRwor7uK on 12月 24, 2014
居酒屋は楽しい! / バイトメンバーで飲み はコメントを受け付けていません。

楽しいバイトメンバーが集まる

居酒屋のアルバイトは大変であるとイメージする人が多いです。
これは確かに事実なのですが、本当に大変なことだけならば、誰もやりたがらないでしょう。
けれども、実際には居酒屋のアルバイトは人気があります。

その理由の一つとしては、楽しいバイトメンバーが集まりやすい点があります。
居酒屋には明るくて陽気で楽しい人がバイトをしているケースが多いのです。
そのような人達と一緒に仕事をできるため、仕事で辛いことがあったとしても、乗り越えることができます。

バイトメンバーと仲良くなることで、他では得られない大切な仲間を手にすることができるでしょう。
仕事だけではなくて、プライベートで遊びに行くことも珍しくはありません。
場合によっては恋人を作っている人もいます。

居酒屋のバイトでは楽しいことが多いため、いつまでも働いていたいと思うでしょう。
たとえば、定期的に飲み会を開催することもあります。
その時にはさすがに自分たちの店ではなくて、他のお店を利用することが多いです。

より親密になれる

バイトメンバーで飲み会を開くと色々と楽しいことがあります。
普段は仕事の中でしか関わることがなかった人達と、より親密になれる良い機会となるのです。
たくさん話しをしたり、盛り上がります。

お酒を飲んでいる時であれば、普段はなかなか話しかけることができない人にも気軽に接することができるでしょう。
飲みをきっかけにして仲良くなることも多いです。
普段はできないような話をして盛り上がることも多いです。

仕事の愚痴をこぼすこともありますが、そんな時には優しく慰めてくれる人がいます。
また、店長に対する文句を言うこともありますが、お酒の席なので特に問題なくみんな受け入れてくれます。
仕事の疲れを癒して、心身をリフレッシュさせる効果があります。

普段は居酒屋で仕事をしているため、飲み会を開くととても違和感のあることが多いです。
そのお店で働いているアルバイトの人を見ると、自分も仕事をしなければいけないという気持ちについなってしまいます。
声出しをしているのを聞いて、自分がそれに返事をしてしまいそうになることもあります。

また、よその居酒屋で飲み会をすると、そこのメニューをチェックしたり、店員さんの接客態度を観察してしまうこともあります。
プライベートの飲み会なのに仕事気分が抜け切らないことがあり、面白いと感じることが多いです。

飲み会は定期的に開催されます。
新しいバイトのメンバーが入った時には歓迎会を兼ねて行われます。
飲み会を楽しみにしてアルバイトをしているといっても過言ではないでしょう。

素敵なバイトメンバーに囲まれて仕事を続けることができるのはとても良いことです。

新年会のすすめ

Posted by GRwor7uK on 1月 21, 2013
居酒屋は楽しい! / 新年会のすすめ はコメントを受け付けていません。

「年末」と「年始」の雰囲気の違い

OOK85_geisyun20131223500-thumb-500xauto-3997

忘年会というのは、なぜか重なるものです。
会社やらクライアントやらの忘年会が重なって、
さらに年末の忙しさもあいまって、ますます
追いかけられるように過ごすのが年末の常。

ところが、お正月を過ぎるととたんに
それまでの忙しさが嘘のように静かな時間が
訪れてきます。

あの忙しさはなんだったのかと思ってしまうくらい拍子抜けしてしまう人も多いでしょう。
でも、俺はそんな時間もなく、お正月2日の営業日から働きづくしです。

ただ、年末と大きく違うのは、年始の方が比較的ゆったりとしているということです。
気分的にも「急がなくちゃ」とか「慌ただしい」と感じることもなく、じっくりと仕事を
することができているような気がします。

お店全体がそういう雰囲気なので、きっとそういうことはお客さまにも伝わっているのかも
しれません。心なしかお客さまの方も忘年会の時よりも寛いでいることの方が多いように感じます。

年末が忙しい理由

傾向として考えられるのは、忘年会は会社やクライアントのおつき合いといった
仕事がらみで行われることが多いような気がします。どうしても外すことができない
飲み会が重なるために、多くの人たちは次のお座敷、別のお座敷、という感じで
はしごをしなくてはならなくなるのでしょう。

ところが、新年会は忘年会と比べると、そういった「義務感」のようなものが
少ないような気がします。確かに会社がらみの新年会もある場合も多いですが、
会社全体というよりも、もっと仲間内的な感じがほとんどのように見え受けられます。

たとえば同じ部署仲間で、あるいは同期でというような少人数の単位で
行われる新年会がほとんどなのです。また、ゆるやかな集まりで強制力がないことも
あるので、それもまたゆったりとした会になりがちな理由のひとつでしょう。

年末の場合には期間限定的なところがあります。
さすがにどの会社も大晦日まで営業をすることはありません。特に今年はカレンダー的に
比較的長い年末年始となったので、その分、早く営業を終わらせるところが目立ちました。

年末にはそういったデッドラインが設けられているために、忘年会が集中し、
忙しさが増してしまうのです。新年会はそういったデッドラインがありません。
言ってしまえば、場合によっては2月に新年会を行ってもそんなにおかしくはないのです。

そういうこともあって、全体的に新年会がばらけてスケジュールが組みやすくなるというのも
新年会のメリットと言えるでしょう。ですから、特にプライベートで集まる場合には、
無理に忘年会を行うのではなくて、新年会に繰り越すというのもひとつの方法だと思います。

来年はそういうことも考えて企画を立ててみてはどうでしょうか。
そうすれば連日連夜の忘年会で体を壊すということもなくなると思います。