カテゴリー:居酒屋はつらいよ!

立ちっ放しなので足が辛い……

Posted by GRwor7uK on 8月 18, 2018
居酒屋はつらいよ! / 立ちっ放しなので足が辛い…… はコメントを受け付けていません。

居酒屋バイトは体力勝負

居酒屋バイトはとにかく体力勝負の部分があります。
基本的に仕事中は座ることができませんので、かなり足にダメージがあると考えておいていいでしょう。
足に負担を掛けないようにするにはどのようにすればいいのかを良く考えて仕事をすることがお勧めです。

例えば足に負担の掛からないような靴を履くようにするといいでしょう。
仕事中は運動靴の利用がお勧めです。
また、仕事が終わったら足に疲れが残らないように十分なマッサージが必要になります。
腰にくる場合もありますので、腰のケアも行って見ても良いでしょう。

そんなに重い物を運ぶ仕事ではありませんが、お客さんの接待に意外と走りまわったりすることも多いので気が付いてみると体に大きな負担となっていますので、居酒屋バイトをする場合には体調管理に注意することが必要です。
また、いろいろと人間関係で辛いこともあるかもしれませんので、疲れを貯めてしまうと継続することができなくなってしまいますので注意が必要です。

最初のうちは少し早めに切り上げるくらいの感じで仕事をするようにすると良いでしょう。
慣れてくるとどのように仕事をすると良いのか、判って来ますのでだんだんと仕事をする時間を増やして行くようにすると良いでしょう。

精神的なタフさも

居酒屋バイトをする場合には精神的なタフさも必要です。
なかなかハードな環境で仕事をすることになりますので、どんな状況になっても前向きに仕事に取り組むようにしなくてはなりません。
お店のピーク時には何が何だかわからないような忙しさになりますので、冷静に取り組めるだけの心の余裕が必要です。

仕事が忙しいのはある程度慣れてしまえば何とかなる部分も出て来ますし、スタッフ間のチームワークが取れていれば、仕事の忙しさによる心のストレスを解消することができるようになるかもしれません。
しかしながら、お客の対応はいろいろなタイプのお客がいますのでその時に応じて機転が必要になりますので、しっかりと考えておくことが必要です。

心にストレスを抱えてしまうと仕事を円滑に進めなくなってしまうことがおおくなりますので、自分なりの方法でストレスをためないように適宜発散するようにすると良いでしょう。

居酒屋の仕事は非常にタフな部分が多いのですが、きちんと仕事をすることができれば大きな達成感を得ることもできます。
自分にストレスを掛けないように常に注意をしながら仕事をしていくことができれば大きな満足を得ることができるかもしれません。
また、いろいろな職場で活用できそうな仕事における能率や機敏性を身につけることができるようになるかもしれませんので、挑戦してみる価値のある仕事であるといえます。

キッチンのピーク時は戦場だった

Posted by GRwor7uK on 7月 17, 2018
居酒屋はつらいよ! / キッチンのピーク時は戦場だった はコメントを受け付けていません。

キッチンの仕事

居酒屋はお酒を出すのが仕事ではありますが、当然のことですがおつまみの料理をお客さんに出すことが求められます。
ですからキッチンでは料理を作ることが必要になります。
ですから、ただお客さんからの注文を聞いてお酒を出せばいいというイメージでバイトを始めてしまうと大変なことになってしまいます。

特に居酒屋の忙しさがピークに達するときにはキッチンは大忙しになります。
どのようなことに対しても機敏にそして冷静に対処することが必要になります。
当然料理を作るのと同時にお客様に出すために必要になってくる皿を洗って用意することも必要になります。
お皿が足りなくなる前に準備を進めていくことが必要になります。

キッチンの仕事は忙しいタイミングとそうでないタイミングがありますので、忙しくないタイミングの時を上手く活用して忙しい時間帯をそつなくこなせるように準備をして置くようにすると良いでしょう。

居酒屋は一般のレストランとは違いますが、お客に食事を出すことをする仕事であることにはかわりありませんので、衛生面についての配慮は十分に考えておかなくてはなりません。
身だしなみを整えて、適宜手などを石鹸で洗うようにしましょう。
髪の毛が料理中に混入しないような用意も必要です。
適当にやることなくレストランで働いている感覚で衛生面には気を付けるようにすることが肝要です。

キッチンのメリット

キッチンの仕事は非常に大変ですが、その仕事がこなせるようになるということは一定のスキルを身に着けることが可能になります。
たとえば料理のレパートリーが増えることになります。

かなりキツイ仕事場という部分もありますので、精神面が鍛えられますので、将来役に立つこともあるかもしれません。
しかしながら、楽しくお酒をお客さんが飲んでくれるのを見るのは何とも言えず楽しい物であるのは言うまでもありませんので、達成感を味わうことができるかもしれません。

適正

居酒屋のキッチンの業務はなかなかキツイ仕事場であるのは言うまでもありませんが、料理を作ることが好きな人であれば、意外と楽しめるかもしれません。
またチームプレイが得意な方であれば、大きな活躍をすることが可能になるかもしれません。

物事を段取り良く進めていくことが可能になりますので、どんなことに対しても前向きにそして効率よくそれを行って行くことが可能になるはずです。
といっても毎日同じ内容の業務をひたすらこなす部分も出て来ますので、単純作業で合っても苦にせずにしっかりと行って行ける人にとっては意外と魅力的な職場であるとも言えます。

水仕事がおおくなりますので、手荒れのケアはもちろん十分に行って行くことが必要になります。
興味を持ったらチャレンジしてみてもいいでしょう。

想像よりキツイと感じたこと3つ

Posted by GRwor7uK on 6月 16, 2018
居酒屋はつらいよ! / 想像よりキツイと感じたこと3つ はコメントを受け付けていません。

人間関係の難しさ

居酒屋のバイトは気楽にできると思っている方も多いかと思いますが、意外と人間関係が難しい物です。
接客業というのはそういう物であるということをキチンと認識したうえで居酒屋のバイトを始めるようにすると良いでしょう。

なかなか一般的な社会常識が通用しないようなブラックな環境で働くことを覚悟しておけば良いでしょう。
割り切って仕事を始めてしまえば、多少のストレスも我慢できるでしょうが、理想的な職場と勝手にイメージしてしまうと辛い気持ちが倍増してしまいますので注意が必要です。

また、職場の先輩も当然のようにストレスを感じて生活をしていますので、そのストレスを周囲の人にぶつけてくることも考えられます。
色々と理不尽なことが起こると考えておいて良いでしょう。

居酒屋で働くにあたってはとにかく一定の時間を働いて決まった給与をもらうということだけを考えておくようにするといいでしょう。
多少理不尽なことを言われても自分で割り切って例えばできないことはできないという感じでかわすようにすると良いでしょう。

どれだけ理粉塵なことに対してやり過ごせるかということがとても重要な要素になってくるでしょう。

忙しさが時間に依存して変わる

居酒屋のバイトで考えておかなくてはいけないのが忙しさが時間とともに変わることです。
忙しさがピークに達している時間帯はまさに戦争のような状態になってしまうこともしばしばです。
そのような状況において冷静に状況に対処していくことが求められるようになります。

パニックにならないように更にはオーバーペースにならないように注意しながら、目の前の仕事をこなして行くようにするといいでしょう。
お客さんからのリクエストに対しても正確に対応することが必要です。

逆にピークではない時には時間を持て余してしまうようなケースも出て来ます。
オンオフの切り替えをしっかりとできるような準備が必要になります。
ピーク時に柔軟に仕事に対応できるようにあらかじめ色々と用意しておくようにしてもいいでしょう。

お客様

居酒屋に来るお客様は実にいろいろなキャラクターを持っています。
穏やかにお酒を飲む方もいるでしょうが、逆に豪快にお酒を飲むタイプのお客様もいます。
また、多少わがままなことを要求してくるようなケースも出て来ます。
相手はお酒によっているのでなかなか対処することが難しいのは事実ですが、居酒屋でバイトをするためには必要な接客方法であるということを知っておくようにすると良いでしょう。

居酒屋バイトは実際にやってみるとなかなか大変な部分もありますが、時給の方はそれに応じて良好ですので、自分のメンタルが壊れない程度にしっかり働くようにすると良いでしょう。

4月歓迎会の忙しさ

Posted by GRwor7uK on 7月 18, 2016
居酒屋はつらいよ! / 4月歓迎会の忙しさ はコメントを受け付けていません。

季節ごとに訪れる書き入れ時

飲食業界での書き入れ時というとはやはり「師走」です。
年末年始は居酒屋にとっては一年に一度の商戦といってもいいでしょう。

1月半ばを過ぎると、新年会も落ち着き、2月から3月半ばまでは盛り上がりはガクンと下がります。
商売人にとっては「ニッパチは厳しい季節」とも言われているように、2月と8月は書き入れ時とは逆に客足が遠のき、厳しい状況が続きます。

店長にしたら、売上に悩まされるでしょうが、従業員には、休息期間として密かにありがたい時期でもあるんです。
師走を除けば3月末から4月にかけては学校や職場の入れ替わり時期で、こちらも書き入れ時とも言えますね。

歓迎会で予約がいっぱい!

歓迎会シーズンは貸切の宴会2回転以上を目標にするため、時間配分は綿密に行わなければなりません。
ここを失敗すると、売上に大きく影響してしまいます。

予約の電話対応には店での接客に比べて、緊張感がはしりますね。
なるべく電話は取りたくないというのが本音です。

翌日が月曜ということや休日にまで会社の人間との交流は控えたいという心境なのか、意外と日曜は歓迎会予約はほとんどなく、店内は一般客が多くなりますね。
土曜に関しては半日出勤や休日を有効に使う企業もあり、15時スタートの宴会もかなりの確率で予約は埋まり、回転率はアップします。
長時間勤務の従業員が増えるので、シフトや休憩時間の組み方が重要なポイントになりますね。

キッチンもバタバタ

従業員は通常は仕込みのため15時出勤ですが、書き入れ時はもちろん早出必須な時期到来です。
コースプランの予約でほとんどが埋まるため、事前の仕込みとセッティングが命取りになります。

予約人数、コースの内容の誤算や発注ミスがあったら料理長が現場をしめない限りはパニック状態に陥ります。
こんな時は調理場からホールにパニック状態が感染しないように、従業員が落ち着いた行動ができるかという人格が、円滑に営業できるかというのに大きく左右されますね。

コース予約のほかに、イレギュラーな単品追加が入るとさらにキッチンのバタバタはマックスです!
ホール側も調理場の顔色を伺うようにオーダーを通すのがツライところでもありますよ。

会社によっては毎月歓送迎会が行われることも

会社の社風や規定でも変わりますが、会社の経費ではなく、自動引落しで毎月職員互助会費などという名で徴収され、会費を賄い、毎月のように歓送迎会を行う会社もあるようです。
社内のコミニュケーションといえば大切な会費なのかもしれないけれど、半ば強制的集収ともとれますよね。
居酒屋側にしたら毎月リピートしてくれるのなら大枠な常連法人客の扱いになるのでありがたいかぎりですが。

お金の出どころはどうあれ、会社が提供してくれた場には、変わりありません。
同じ「お酒の席」でしたら、大いに楽しみましょう。