カテゴリー:アルバイトの心得

面接で聞かれそうな質問の下調べ

Posted by GRwor7uK on 5月 29, 2019
アルバイトの心得 / 面接で聞かれそうな質問の下調べ はコメントを受け付けていません。

仕事の際の採用面接の心得

居酒屋に限らずアルバイトの面接に臨むにあたってはどのような点を心がけておくのがいいのでしょうか?
これまでの経験を聞かれるかもしれませんし、それが生きる場合もありますが、全く経験が無くても採用してもらえることも多い物です。
採用者が一番興味を持っていることは候補者がどのくらいやる気を持っているかということです。

面接に当たってはそれをキチンと面接者に伝えられるようにすると良いでしょう。
どのくらい応募の仕事に対して魅力とやりがいを感じているかを率直にアピールするようにするといいでしょう。
また、採用担当者は他のスタッフとの協調性もその場で確認したいと思っているはずですので、それについても強調できる部分があるのでしたら、強調したほうが良いでしょう。

更にはこれまでも経験を活かして今回の職場でも活躍してみたいと思っていることを説明できるようにすると良いでしょう。
可能な限り新しい職場の事を調べておいて、その方針にそって仕事をしてみたいことも強調してみると良いでしょう。

まずは、この人を採用することによって職場の雰囲気が更に良くなって経営面でプラスになる人材であることを思わせるようにすることが肝要です。
その場で聞かれたことを応えるという受け身の姿勢ではなくて、あらかじめいくつかの素予想される質問を自分なりに考えておくと落ち着いて面接に臨めるようになるはずです。

自分の人生設計における位置づけ

仕事の面接においては仮にバイトであったとしても自分の人生設計における位置づけをキチンと説明できるようにしてみるといいでしょう。
もちろん給与が欲しいというのでもいいのですが、その給与を活かして自分の将来をどのように展開して行きたいかについてを、判りやすく担当者に説明するようにすると良いでしょう。

また職場ではいろいろな経験を積むことになるはずですが、それをどのように自分の将来に活かしてみたいかを説明するようにすると良いでしょう。
自分なりの夢を大いに語れるように用意しておくようにするといいでしょう。

履歴書も重要

仕事の応募に際しては多くの場合において履歴書を提出することになりますが、出来る限り多くの情報をそこに盛り込むようにするのもお勧めです。
履歴書の書き方によって採用担当者に自分の熱意を伝えることが可能になるからです。
自分をアピールできるものは何でもそこに記載してみるようにすると良いでしょう。

いうまでもありませんが、履歴書は楷書で書かなくてはなりません。
文字を書くのが得意ではないという場合にはワープロを使ってみてもいいでしょう。
綺麗な履歴書は採用担当者に与える印象を良くしてくれます。

正しい接客用語とNG用語

Posted by GRwor7uK on 4月 27, 2019
アルバイトの心得 / 正しい接客用語とNG用語 はコメントを受け付けていません。

仕事をする上での言葉使いをマスターしよう

居酒屋でバイトをする場合には給与をもらって仕事をするわけですので、仕事をしている間は言葉使いをキチンとしなくてはなりません。
お客様に対してはどんな時であっても敬語を使うことが必要です。
それが接客マナーということになります。

相手が自分よりも若い方で合ってもお客様に対しては常に敬語で接することが求められます。
相手は場合によってはよっているかもしれませんがそのような方に対してももちろん敬語での接客が必要になります。

余りに堅苦しくなってはいけませんが、ため口を聞くようなことは絶対にNGですのでやめたほうが良いでしょう。
どのように接客するのが良いのかはある程度の慣れていかないといけませんが、お客様に対しては常に丁寧に暖かい態度で接するという基本姿勢は忘れてはなりません。

敬語の使い方などは、本などを見れば書かれていますので参考にしてみるようにするといいでしょう。
接客マナーはどのような仕事場でも役に立ちますので身に着けておきたいものです。
お客様に限らず一緒に仕事をするほかのスタッフに対しても礼儀正しい態度で接するようにすると良いでしょう。

してはいけない事

お客様に対してはどんな状況においても罵倒するような表現は絶対にしてはいけません。
相手はお客様ですので、仮に理不尽なことをお客様が要求したとしてもそれに対して腹を立ててはいけません。
冷静に対処することが必要です。
さらりと話題を変えてみてもいいでしょう。
それが接客の方法ですので、その感覚を理解して仕事に励むことが必要です。

また、仕事場に友人が来たとしても、もちろん敬語で対応することが必要です。
普段の感覚で友人と喋ってしまうと場違いな雰囲気を周囲に与えてしまうことも考えられますのでやめたほうが良いでしょう。
また、友人だからと言って他の人に比べてあまりにも過剰なサービスをしてしまうのも他のお客様からの不満を誘導してしまうのでやめるようにしなくてはなりません。

お客様のリクエストに応える

丁寧に何時でもお客様もリクエストに応えていくことをすることが接客の基本ですが、仮に違法な要求をお客様からされた場合にはそれには応じる必要はありません。
しかしながら、お客様のリクエストを拒絶する場合にも丁寧な対応が必要です。

礼節を持って丁寧にお断りをするようにするのが基本です。
仮にお客様に理解してもらえないような場合には、他のスタッフに助けを求めてもいいでしょう。
話題を変えてみてもいいですし、他の要件が入りましたのでということでその場を離れてしまうのもお勧めです。
いずれにしてもトラブルになることは全く意味がありませんので、絶対に避けなくてはなりません。

ヒマな時の過ごし方

Posted by GRwor7uK on 5月 20, 2015
アルバイトの心得 / ヒマな時の過ごし方 はコメントを受け付けていません。

居酒屋は忙しい時と暇な時がある

居酒屋といえばとても忙しいイメージを持たれることが多いのですが、実際は暇な時間もあります。
どの時間帯が暇なのかはあまり決まっていなくて、いつもはお客様がたくさん訪れるような時間であっても暇になる時もあります。
店長にとっては暇な時があるというのはお店の売り上げにもひびくため好ましくないでしょうが、アルバイトにとってはちょっと一息できる時間でもあります。

ただし、暇な時でも何もしないというわけではありません。
たとえば、箸を補充したり、洗い物を片付けることが多いです。
トイレの掃除をしたり、フロアの清掃をすることで、キレイな状態でお客様を迎えるように努力しています。

暇な時ほど真価を問われる

お店が暇になった時の過ごし方はとても大事です。
この時間を何もせずボケっと過ごしていたのではアルバイトとして一人前にはなれないでしょう。
何かやるべきことはないのか自分から行動することによって、店長からも評価されるようになります。

まず、仕事上のことで疑問点や不満があるならば、暇な時間を利用して店長に話してみましょう。
有給を取得したい、シフトを変えて欲しいなどの頼みもこのタイミングで行うのをオススメします。
忙しい時にはそのような暇がありませんし、お店が閉店した後も色々とやることがあるからです。

また、暇な時にはお客様を呼びこむこともあります。
チラシを配ったり、大きな声でお店のアピールをするのです。
この呼び込みによってお客様がどんどん入ってくることもあります。

チラシの印刷もバイトの役目です。うちみたいな小さな居酒屋は小スペースでも使える小型のプリンターをレンタルで使っています。機能も十分で満足しています。

レンタルプリンター《スリホ》

バイト仲間同士でどちらがより多くのチラシを配れるか、お客様を呼びこむことができるのか競い合うこともあります。
これはけっこう面白くて、絶対に自分の方がたくさんのお客様に来てもらうことができると、対抗意識を燃やしてしまいます。
お店の売り上げにもつながるため、健全な楽しみ方だと思います。

また、その居酒屋でアルバイトをしてまだ間もない場合は、メニューを見てその内容を必死に覚えたりもします。
分からないことがあれば、暇な時間帯を利用して質問をすることもあります。
いつ忙しくなるのか分からないため、やるべきことは暇な時にすぐに行うようにしましょう。

暇な時にでも緊張感を切らさないことが大切です。
お客様がどのタイミングで来店するのか分からないからです。
また、あらかじめ予約をしている団体があるならば、その時間になればとても忙しくなるため、ある程度覚悟を決めておく必要もあります。

暇な時にだらけてしまっては、忙しくなった時にすぐに対応することができなくなります。
常に緊張感を持って行動して、暇な時にもそれを持続することが大切だと思います。
これによって、お客様に最高のサービスを提供できるのです。

オーダーテイクのコツ

Posted by GRwor7uK on 3月 29, 2015
アルバイトの心得 / オーダーテイクのコツ はコメントを受け付けていません。

オーダーテイクは重要

居酒屋ではできるだけお客様から愛されるお店になるために接客に気をつけることが大切です。
特に重要なのはオーダーテイクの時であり、ここで良い印象を与えることが重要です。
オーダーテイクでの対応が悪ければ、お客様が次の機会には利用してくれなくなる可能性があります。

また、居酒屋の場合はオーターテイクの段階ではお酒を飲んでいない状態のため、その時に良い接客ができれば、そのことを記憶してもらえる可能性が高いです。
お酒を飲んだ後にどれだけ良い接客をしても、覚えてもらえないことがあります。
一番最初に良い印象を与えることが肝心なのです。

明るく元気に笑顔で

それではオーダーテイクのコツについていくつか紹介しましょう。
基本としては大きな明るい声を出して、表情は常に笑顔でいることが大切です。
極端なことをいえば、これさえできていれば後は特に問題がないと考えてもいいです。

お客様がきちんと聞き取れるようにはっきりと声を出し、お客様が良い気分になれるような笑顔を心がけましょう。
これができていないと、他の部分でどんなに気をつけたとしても良い印象を与えるのは難しくなります。

居酒屋でよくあるのはおすすめのメニューを聞かれることです。
この時には、たとえば季節の旬の食材を扱っているメニューや、お得な料金設定がされているメニューを紹介しましょう。
おすすめされたメニューを注文して、お客様ががっかりするようなことがあってはいけません。

料理の説明を求められる場合があります。
この時には、その料理が本当に美味しいのだということを伝えましょう。
お客様の食欲を刺激して、ぜひとも注文したいと思わせることが大切です。

また、正確に料理の中身や味を説明することも大切です。
アレルギーのある人や、好き嫌いの多い人もいるため、材料の説明は特に重要です。
スムーズに説明をするためにはあらかじめお店にあるメニューの詳細を把握しておく必要があるでしょう。

オーダーテイクの際に話しが盛り上がっていてなかなか入り込めないことがあります。
この時には、そのグループの中で冷静になっている人を見つけて、その人の視界に入ることが大切です。
店員さんの姿を確認すれば、話を中断してお客様の方から注文をしてくれるでしょう。

無理やり店員の方がお客様の話に割り込むようなことをしてはいけません。
印象が悪くなり、せっかくの雰囲気を台無しにしてしまうからです。

以上のことに注意しながらオーダーテイクをやりましょう。
何度もやっていくうちにどのような行動を取るのが正解なのか理解できるようになります。
マニュアルをきちんと読んだり、先輩アルバイトの行動を参考にすることも大切です。

自分なりのコツを見つけることも重要でしょう。