正しい接客用語とNG用語

Posted by GRwor7uK on 4月 27, 2019
アルバイトの心得

仕事をする上での言葉使いをマスターしよう

居酒屋でバイトをする場合には給与をもらって仕事をするわけですので、仕事をしている間は言葉使いをキチンとしなくてはなりません。
お客様に対してはどんな時であっても敬語を使うことが必要です。
それが接客マナーということになります。

相手が自分よりも若い方で合ってもお客様に対しては常に敬語で接することが求められます。
相手は場合によってはよっているかもしれませんがそのような方に対してももちろん敬語での接客が必要になります。

余りに堅苦しくなってはいけませんが、ため口を聞くようなことは絶対にNGですのでやめたほうが良いでしょう。
どのように接客するのが良いのかはある程度の慣れていかないといけませんが、お客様に対しては常に丁寧に暖かい態度で接するという基本姿勢は忘れてはなりません。

敬語の使い方などは、本などを見れば書かれていますので参考にしてみるようにするといいでしょう。
接客マナーはどのような仕事場でも役に立ちますので身に着けておきたいものです。
お客様に限らず一緒に仕事をするほかのスタッフに対しても礼儀正しい態度で接するようにすると良いでしょう。

してはいけない事

お客様に対してはどんな状況においても罵倒するような表現は絶対にしてはいけません。
相手はお客様ですので、仮に理不尽なことをお客様が要求したとしてもそれに対して腹を立ててはいけません。
冷静に対処することが必要です。
さらりと話題を変えてみてもいいでしょう。
それが接客の方法ですので、その感覚を理解して仕事に励むことが必要です。

また、仕事場に友人が来たとしても、もちろん敬語で対応することが必要です。
普段の感覚で友人と喋ってしまうと場違いな雰囲気を周囲に与えてしまうことも考えられますのでやめたほうが良いでしょう。
また、友人だからと言って他の人に比べてあまりにも過剰なサービスをしてしまうのも他のお客様からの不満を誘導してしまうのでやめるようにしなくてはなりません。

お客様のリクエストに応える

丁寧に何時でもお客様もリクエストに応えていくことをすることが接客の基本ですが、仮に違法な要求をお客様からされた場合にはそれには応じる必要はありません。
しかしながら、お客様のリクエストを拒絶する場合にも丁寧な対応が必要です。

礼節を持って丁寧にお断りをするようにするのが基本です。
仮にお客様に理解してもらえないような場合には、他のスタッフに助けを求めてもいいでしょう。
話題を変えてみてもいいですし、他の要件が入りましたのでということでその場を離れてしまうのもお勧めです。
いずれにしてもトラブルになることは全く意味がありませんので、絶対に避けなくてはなりません。

Comments are closed.